パーセンテージがじわりじわりと増えています

この所、結婚をした方々の中で、インターネットがきっかけで出会ったという人達のパーセンテージがじわりじわりと増えています。

実際のところ、近頃は、ネットを通じて、買い物をしたり、調べ物をしたりすることが、普通のことになって来ているので、そんな方々が、目立ってきても、不思議なことではないと思います。

でも、反面、ネットで出会ったということを親に話したら、反対されるケースもかなりあります。

そういった場合はどのようにして対処すると良いのでしょうか?

別の理由を考える

出会いのきっかけがネットだったと親に言って反対されそうなのであれば、正直に伝えないというのも良いでしょう。

友達や知人が紹介してくれたとか、街コンに参加したら出会ったとか、上手に親を安心させている人達はたくさんいらっしゃるようです。

実際、嘘をつくことは良くないのかもしれませんが、まともに言うと、気まずい雰囲気になるよりは、マシなのではないでしょうか。

どんな人であるかを伝える

それでも、ネットで知り合ったということは、何らかのはずみでバレるかもしれません。

あとやはり、嘘をつき続けるのは、良くないと思われるかもしれません。

ですので、いつか真実がバレても問題が起こらないよう親に交際相手がどんだけ素敵な人であるか、十分説明することが重要です。

どのような会社に勤めていて、キャラクター的にどんな人で、どんな素敵な面を持っているのか、などなど。

何だかんだ言って、親にとって、何がきっかけで出会うかも重要ですが、もっと大切なことは、相手との出会いを通じてあなた自身が実際に幸福な未来を手に入れられるかという点です。

なので、とにかく相手のことを可能な限り理解してもらえるようトライしてみて下さい。

これからはネットが出会いのメインツールに

確かに、今は結婚のきっかけが出会いというのは、日本ではまだそれほど多くありません。

それでも、諸外国では、ネットを通じて知り合って結婚に到ることが当たり前のようになってきています。

日本もいつか、インターネットの出会いから結婚に到る人達が増加し、親にそのまま打ち明けても何とも思われなくなる時代が来るのかもしれませんね。

出会いを松本で探してみたらどうなる?